メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
サッカーキング

森保監督と酒井宏樹が会見で明かしたサウジ戦で考えるべきこと

情報提供:サッカーキング

会見に出席した森保一監督と酒井宏樹 [写真]=AFC
 日本代表の森保一監督とDF酒井宏樹が20日、AFCアジアカップUAE2019・決勝トーナメント1回戦の前日会見に出席した。

 森保監督はサウジアラビア代表との一戦について、「これまでの3試合も厳しい試合だったが、次はもっと厳しくなると覚悟して臨まなければいけない」とコメント。酒井も「常に日本の壁になってきた相手なのは間違いないです。決勝トーナメント1回戦で戦えることをプラスに思わないといけない」と警戒している。

 サウジアラビアとは過去に13回対戦し、日本が8勝1分4敗と勝ち越しているが、直近の試合では2017年9月5日に行われたワールドカップ予選で0-1と敗れている。そんな難敵相手の試合ではどんなことを考えてプレーすべきなのか。

 酒井は「僕はDFなので、最初に失点しないことを考えます。失点しなければ負けない。攻撃陣を信頼しているので、相手より1点でも多く取れれば先に進めるので、そこだけを考えていきたいです」と自身の考えを主張。すると森保監督も「私が先に言えばよかったと思っています(笑)」と冗談を交えつつ、こう続けた。

「得点も大切ですが、失点をしないということ。守り重視という意味ではないが、先に失点しないことを心掛けてトーナメント、サウジアラビア戦に臨まないといけない」

 試合は日本時間21日20:00にキックオフを迎える。

【関連記事】
●家族、友人の前で決めた代表初ゴール…殊勲の塩谷司「忘れられない一日に」
●セルジオ越後氏が予選3試合を総括「優勝までの道のりはそう簡単ではない」
●「焦らずにやれたらいい」…吉田麻也が明かすサウジアラビア戦のポイントとは?
●「もっと貪欲にいきたい」…堂安律が語った自身の特徴とは?
●激しい正守護神争い…GK権田修一「誰が出てもいい状態はできている」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 「明治フルーツ」販売終了 60年の歴史に幕

  5. 「トランプ公式プラ製ストロー」販売開始 ロゴ入り10本で1600円 「紙」に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです