メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

非降雪地域のひとほど油断しがち! 今すぐ備えておくべきクルマの冬支度4選

情報提供:カートップ

非降雪地域のひとほど油断しがち! 今すぐ備えておくべきクルマの冬支度4選

軽く見ているポイントほど重要

 暖冬だと言われていたら、ドカ雪が降ったりするのが昨今の冬だ。逆に降ると言われていて、降らないなら取り越し苦労で終わるのでいいが、それでも準備はしっかりとしておきたい。

 冬に備えるための支度だが、その昔は冷却水の濃度やオイルの粘度を変えたり、エアクリーナーの吸気口を切り替えたりもしたが、いまどきはメカ部分の支度はほぼなにもしなくてもOK。通年、同じ仕様で構わない。

 問題なのはそれ以外の部分。「なんとかなるだろう」で、油断する部分と言ってもいいが、今回はこれだけはやっておけという最低限の冬支度を紹介しよう。

1)滑り止め

 まずは滑り止めだが、スタッドレスは使わないからもったいないというのはわかるが、チェーンは用意しておきたい。都会の場合は幹線道路は雪が溶けて路面が出ていることが多いだけに、振動が少なく、路面へのダメージも少ないゴム製がベター。

冬支度

 また装着の手間を省くなら、オールシーズンタイヤを選ぶのも手だ。とにかく、滑りに対してなにかしらの対策はしておくべし。できないなら、雪が降ったらクルマに乗ってはダメ。それほど、未対策は危険だ。

冬支度

2)ウォッシャー液

 そしてもうひとつ、重要なのがウォッシャー液。前走車の跳ね上げる泥などがやたらとウインドウに付くので、消耗は早い。どうせ使うものなので予備を積んでおくといいが、もしなくなった場合はウーロン茶でも代用は効くが最小限にしてタンクに残さないように。内部で凍結する可能性があるからだ。

冬支度

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. スカーレット ヒロイン幼少時代は「みいつけた!」3代目スイちゃんの川島夕空
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです