メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

小牧源太郎 「アルマ No.17」

変わらぬ生命への興味

 大画面の円形内部に描かれたのは、何かが不穏に沸き立つマグマの暗示か。同時に、精子の動きに似た生命の躍動も感じさせる。ランダムに絵の具をしたたらせたようで、周辺の細密描写を含め入念な構成の跡が絵肌にうかがえる。

 小牧源太郎は、1930年代後半にシュールレアリスム絵画の旗手として鮮烈なデビューを果たしたことで名高い。39年には福沢一郎が率いる前衛絵画の団体「美術文化協会」に、京都から北脇昇と共に参加した。しかし、戦況の悪化で前衛絵画に対する弾圧が強まり、福沢が逮捕されるなど、各画家は画風の転換を余儀なくされた。小牧も身近な仏教をモチーフに描き始め、戦後は民俗学的なものへの関心を深めた。最晩年までめまぐるしく作風を変えている。

 もっとも、それは表面的な変化に過ぎないのかもしれない。話を本作に戻そう。タイトル「アルマ」とはポル…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです