メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

芥川賞・直木賞 それぞれの時代性 選考過程を振り返る

記者会見で記念撮影に応じる(右から)芥川賞に決まった上田岳弘さん、町屋良平さん、直木賞に決まった真藤順丈さん=竹内紀臣撮影

 第160回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日に開かれた。芥川賞は上田岳弘さん(39)の「ニムロッド」(『群像』12月号)と、町屋良平さん(35)の「1R1分34秒」(『新潮』11月号)の2作が受賞。直木賞は真藤順丈(しんどうじゅんじょう)さん(41)の『宝島』(講談社)が選ばれた。それぞれに時代をとらえ、現代人のありように力強く迫る作品だ。選考過程を振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1640文字(全文1830文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです