メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クリップ

展覧会 文学者の書 筆に込められた思いほか

 ■文学者の書 筆に込められた思い

 3月17日まで、群馬県高崎市保渡田町の県立土屋文明記念文学館(027・373・7721)。文学者たちが残した毛筆の書などを、ペンや万年筆に変わっていく過渡期も含めて紹介。正岡子規の書簡など。一般410円、火曜休館。2月9日と3月3日午後1時半には展示解説がある。3月17日午後2時には「文学者の書-その魅力を味わう」と題した…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです