メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

未必の故意を引き起こす恋=斉藤希史子

 新年の幕開けを「ラ・バヤデール」が彩っている。「バレエの父」ことプティパの作品。谷桃子バレエ団は東京文化会館で12、13の両日、芸術監督・高部尚子による改訂版を初演した。

 舞台は古代インド。バヤデール(舞姫)のニキヤには戦士の恋人がいる。だが彼に藩主の娘との縁談が持ち上がり--。三角関係に身分差が絡むこと、ヒロインに横恋慕する男(本作では大僧正)が事態をこじらせるのも、古典の約束事だ。高部はここに「第三の男」を登場させた。新役を作るのでなく、脇役に存在証明を与えたのである。

 男は苦行僧。対立の末にニキヤが謀殺され、自責にさいなまれる戦士にアヘンを勧める役回りだ。その動機と…

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文898文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです