メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

正月の東京4劇場公演 幸四郎のりりしさ 菊五郎の不敵さ=評・小玉祥子

 1月の東京は、歌舞伎座、新橋演舞場、浅草公会堂、国立劇場の4劇場で歌舞伎公演があった。

 歌舞伎座の「初春大歌舞伎」は正月らしい狂言立て。昼の序幕が芝翫の三番叟(さんばそう)、魁春の千歳の「舌出三番叟」。芝翫の動きが軽快だ。

 続いて「吉例寿曽我」。工藤祐経の代わりとなる奥方梛(なぎ)の葉御前で福助が元気な顔を見せ、芝翫の箱王、七之助の一万、児太郎の舞鶴が周囲を固める。

 次が「廓文章(くるわぶんしょう)」。幸四郎の伊左衛門に和事らしい柔らかさと色気があり、七之助の夕霧…

この記事は有料記事です。

残り1474文字(全文1709文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです