メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと秋田

県央特集 違いを楽しんで 「二つの東海道五拾三次」 秋田・県立美術館 /秋田

 特別展「歌川広重 二つの東海道五拾三次 保永堂版と丸清版」が秋田市の県立美術館で開かれている。東海道五拾三次は江戸時代の浮世絵師・歌川広重の代表作で、生涯に20種類以上描かれたが、今回の展覧会では広く知られている保永堂版と、その15年後に出版された丸清版の二つのシリーズを比較しながら鑑賞を楽しむことができる。3月21日まで。

 1834年に出版された保永堂版は広重が浮世絵師としての地位を確立させた作品。宿場町で道行く旅人を強…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文450文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです