メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

結髪土偶

左足と「再会」 90年ぶり、寒河江市が寄贈 山形大付属博物館で展示 /山形

 山形大は17日、付属博物館(小白川キャンパス内)が所蔵する縄文時代晩期の結髪土偶の左足部分が見つかったと発表した。寒河江市が保管していた「足」が土偶の一部と判明。同市から博物館に寄贈され、約90年ぶりに「再会」を果たした。現在、展示中の同館は左足の接合を検討しており、「足が見つかったのは大変喜ばしい。たくさんの人に見に来てほしい」と話している。【深尾昭寛】

 結髪土偶は高さ15センチ、肩幅16センチ。同館で人気が高く、「けっぱつちゃん」というイメージキャラ…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです