メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪
人ふでがき

戸沢酒米作りプロジェクト実行委代表 宮島泰弘さん(47)=上田市 /長野

みんなが笑顔になれば

 上田市真田町の戸沢地区の酒米を使った日本酒の本格生産で地域活性化を狙っている。昨年初めて植えた酒米は市内の酒蔵が醸造する日本酒「信州亀齢」の原料として使われ、春ごろ販売される予定。「みんなが笑顔になる酒になれば」と思いを込める。

 2017年12月、地域活性化に取り組む住民の集まりで、少子高齢化が進行する中、どうすれば盛り上げることができるかを話し合っていた。酒屋で働いていることもあって「地元ブランドの日本酒」を提案。「お酒を買う人も売る人もストーリーを求めている」として「地域で作った酒」を売りにし、「酒を通して地域にも興味を持ってもらいたい」と思ったからだ。

 決まれば行動は早かった。18年2月に仲間と「戸沢酒米作りプロジェクト実行委員会」を設立。300坪の…

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文921文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです