メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発と暮らし

島根2・3号機のいま/7 コスト試算、想定に甘さ 国の負担費用、国民へ /鳥取

「原発は安くない」という理由を説明する龍谷大の大島堅一教授=鳥取県米子市末広町で、横井信洋撮影

 島根原発(松江市)3号機の新規制基準審査の申請を前に中国電力が昨夏、山陰両県で開いた住民説明会で、参加者の間では、原発のコストや、重大事故が起きた際の補償への関心も高かった。

 中国電が2号機の再稼働、3号機の新規稼働を目指す理由に挙げるのは、電源の多様化や温暖化対策とともに、火力や水力、再生可能エネルギーなど他の発電方法と比べ「低コスト」であることだ。説明資料には、国が2015年に公表した電源別試算のグラフや表が掲載され、原発は1キロワット時10・1円と最低で、次に低い一般水力より0・9円安かった。

 14年に電気事業連合会が実施したモデルプラントによる試算結果を採用した。出力120万キロワットの新…

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告、接見に「一人で裁判受けたい」 遺族調書は「悪口ベース」 相模原殺傷

  2. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 大阪・箕面市がテレビ朝日に抗議 滝の水「トンネル掘ったら少なくなった」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです