連載

支局長からの手紙

毎日新聞デジタルの「支局長からの手紙」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

支局長からの手紙

その日に備えて /愛媛

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 松山支局の隣で今、ビルの建設工事をしていて、たまにその影響で、支局が入っているビルにも振動が伝わることがあります。工事をしていると分かっているので、地震と勘違いすることはないのですが、体は一瞬、ビクッと反応します。地面や建物の揺れに対して、私は敏感に反応する方かもしれません。きっかけは、1995年1月17日に発生した阪神大震災でした。

 震災から1週間後に取材で神戸市に入りましたが、当時、あれほどの大災害を取材した経験はなく、とまどいの連続でした。街を歩けば、倒壊したビルが道路に横倒しになっていたり、あちこちで家がつぶれていたり、遠くに見える建物が傾いていたりと、少し平衡感覚がおかしくなりました。何度も余震があり、取材を続けながらずっと緊張感がありました。

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1084文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集