メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

歌う日本人=山田孝男

 日本人は歌う。

 カラオケ、のど自慢、短歌・俳句・川柳の腕比べも数ある中に、歌会始の儀の趣は格別である。

 皇族と公募の入選者がことばを発し合う。

 世界中に分断、対立、暴力が広がる時代、ことばを尽くして他者と交わる伝統を大切にしたい。

    ◇

 16日、平成最後の歌会始のお題は「光」だった。

 一般応募2万1971首のうち、入選は10首。入選の最年少は、映画館でペンライトを振りながら、ライブビューイングの熱狂に溶け込む感覚を詠んだ女子高校生(16)。最年長は一本釣りのカツオの光沢をとらえた元料理人(89)。蜂蜜のしずく、ブドウの樹液に光を見た養蜂家と果樹農家の歌も選ばれた。

 入選歌は、天皇、皇后両陛下、皇太子殿下、同妃殿下、秋篠宮殿下のお歌の前に披講された。講師(こうじ)…

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです