メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

改元と記録/上 「平成」考案者は誰 文書公開なく臆測

 1989年1月8日に始まった「平成」があと3カ月あまりで終わる。その「平成」の考案者は誰か。内閣府が保管する選定経緯の公文書が公開されるめどは立たず、史実は確定していない。関係者の多くが他界して検証が難しくなる中、改元時に元号担当の内閣官房内政審議室長だった的場順三氏(84)が初めて証言したのが2015年だ。

 的場氏はテレビ番組と著書で「考案したのは東京大学名誉教授の山本達郎先生」と明かした。山本氏はベトナム史が専門で、日本学士院会員、文化功労者。アジア史の最高権威「東方学会」会長を改元時に務めていた。後に文化勲章も受章。当時から考案者と目されたが、家族にも語らぬまま01年に死去した。

この記事は有料記事です。

残り2122文字(全文2419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  5. 「猫にマタタビ」の謎 研究のため朝夕掃除でご機嫌取り 教授の腕でも実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです