メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア

北方領土、引き渡し反対根強く モスクワで集会

モスクワ市内で開かれた北方領土の引き渡しへの反対集会に参加した人たち。手前のプラカードには「クリル。これはロシア」と書かれている=モスクワで2019年1月20日、大前仁撮影

 【モスクワ大前仁】日露平和条約を話し合う日露首脳会談の開催を22日に控え、北方領土の引き渡しに反対する集会が20日、モスクワ中心部で開かれ、約2000人が参加した。左派から右派まで幅広い勢力が参加しており、ロシアで領土引き渡しへの反対が根強いことを浮き彫りにしている。

 日露両国が昨秋に平和条約交渉を加速させることで一致して以来、モスクワでは初の反対集会となった。プーチン政権に反発する左派系政治団体「レーバヤ・フロント」が開催を呼びかけたところ、ウクライナ東部での武力紛争に参加した元軍人、イーゴリ・ストレルコフ氏ら右派勢力も参加した。

 氷点下4度の寒さの中、集会では何度も「クリル(千島列島と北方領土)は我々の土地だ」と合唱された。参…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文686文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫さん「謝罪会見開く」 20日午後、田村亮さんも同席
  2. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  3. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  4. 宮迫さん会見「詐欺の被害者の方々におわび。すべての責任は僕に」
  5. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです