連載

はたらくα

雇用形態のみならず、在宅ワークや地域活動を仕事にするなど多様化する働き方を追います。

連載一覧

はたらくα

人工知能と同僚に/2 アニメ駅員に案内業務任せ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
AIのさくらさんを利用する親子=東京都千代田区のJR東京駅で
AIのさくらさんを利用する親子=東京都千代田区のJR東京駅で

 <くらしナビ・ライフスタイル>

東京駅などで実験

 「トイレはどこですか?」

「一番近いお手洗いは八重洲地下中央口手前です」

 1日の乗降客が約90万人に上るJR東京駅。画面に話しかけると、JRの制服を着たアニメーションのさくらさん(女性)が笑顔で答え、現在地からトイレまでの地図が表れる。「ディズニーランドに行きたい」には「京葉線で舞浜に向かってください」と、そつがない。乗り場までの地図、乗り換え案内、運賃も表示される。

 さくらさんは、JR東日本が昨年末から実証実験で設置している人工知能(AI)を使った案内システムの一つだ。開発に携わった15社がロボットなどを貸し出して6駅・計25カ所で運用し、本格導入できるかどうか検討する。

この記事は有料記事です。

残り2106文字(全文2420文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集