メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/168 第四話 黒武御神火御殿=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

 三島屋と瓢箪(ひょうたん)古堂は三丁ばかりしか離れていない。しかし、嫁に出した側の三島屋は、この三丁を十里のように心得ておかねばいけない。

 --おちかはもう瓢箪古堂さんの者になったんだ。実家が出しゃばるのはみっともないことだからね。

 近所だからこそ慎まないとと、お民が厳しく目を光らせている。

 それに、仮にお民に叱られなくても、富次郎自身、おちかと勘一の若夫婦に何となく照れくさいような遠慮があって、以前のような気楽な付き合いはできなくなっていた。

 無論、妬みとかひがみなどの悪い感情があるのではない。二人の幸せを心から喜んでいる。ただ気恥ずかしい…

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文878文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. スワン型うきわ 目を離さないで 行楽シーズン、注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです