メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

京都市立二条中「難聴学級」 障害に理解深め、共生体現

カーテンやカーペットで音を聞こえやすくした教室。生徒はタブレットで教員の話す内容を文字で読める=二条中で

 <kyoiku no mado>

 障害の有無を問わず全ての子どもが共に学ぶ「インクルーシブ(包み込む)教育」が注目を集める中、京都市立二条中学校の「難聴学級」が今年度、開設50周年を迎えた。普段は自分たちの教室で勉強しながら、部活動や体育の授業などは通常学級と一緒に行う。「障害がある生徒とない生徒の双方に学びがある」という学校の現場を取材した。【国本ようこ】

この記事は有料記事です。

残り1548文字(全文1729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです