メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンボジアに通い始めたばかりの頃に撮った一枚。生活のため、市場でゴミを拾い集めながら歩いていた子どもたち

 時折、「なぜ、子どもを撮るのか」と尋ねられることがある。きっかけは16歳の時のカンボジア渡航で、人身売買の被害に遭い、虐待を受けながら働かされた過去を持つ子どもたちと出会ったことだった。戦争の爪痕や貧困、そんな社会のしわよせが、子どもたちに向かっていくことを目の当たりにした。だからこそ子どもの表情は、社会の姿そのものなのだと気がついた。

 新しい年を迎えた今、改めて子どもたちが「生まれてきてよかった」と心から思えるために、どんな大人であ…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文612文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道
  5. 「議員ウォッチ」から見える国会議員の実態 運営者「非常に貧弱」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです