メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
週刊サラダぼうる・柏澄子

わくわく山歩き 御岳山 朝の光に包まれて

武蔵御嶽神社から見える朝日。朝日の方向に日の出山がある=柏澄子さん提供

 御岳山(みたけさん)(東京・奥多摩)の山頂にある武蔵御嶽神社は、鎌倉時代には鎌倉幕府の方角に正面を向けていたが、江戸時代になり、江戸へと向きを変えたといわれています。

 ケーブルカーの始発まで間があり、まだ登山者や参拝者の姿がない朝の時間。冷たくも静謐(せいひつ)で気持ちのよい空気のなか、御嶽神社への階段を上ると、境内は太陽の光を浴びて橙(だいだい)色に輝いていました。それはまるで、東の方位にある当時の都を見守るかのような構えでした。あらかじめの約束通り境内へと入ると、ひとりの神官が待っていました。

 御岳山には、39世帯160人ほどの住民から成る集落があります。そのうち宿坊は26軒。いずれもが神官…

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1300文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです