全国都道府県対抗男子駅伝

福島V 東北勢初

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
第24回全国都道府県対抗男子駅伝でフィニッシュする福島のアンカー・相沢晃。東北勢として初めての優勝を果たした
第24回全国都道府県対抗男子駅伝でフィニッシュする福島のアンカー・相沢晃。東北勢として初めての優勝を果たした

 第24回全国都道府県対抗男子駅伝は20日、広島市の平和記念公園前を発着点とする7区間、48キロのコースであり、福島が2時間19分43秒で初優勝した。東北勢としても初制覇。

 福島は6区までトップの群馬に25秒差をつけられたが、アンカーの相沢晃(東洋大)が区間賞の力走で逆転した。前回5位の群馬が過去最高の2位、前々回覇者の長野が3位に入った。(スタート時の気象=晴れ、気温14・8度、湿度48・7%、東南東の風0・7メートル)

この記事は有料記事です。

残り1120文字(全文1333文字)

あわせて読みたい

注目の特集