メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いか徳利作り

寒風に舞うイカ風船 岩手で最盛期

 岩手県山田町で特産の「いか徳利(とっくり)」作りが最盛期を迎えている。同町の水産加工会社「木村商店」では、天日干しされたイカがくるくると回りながら寒風の中を舞っている。

 内臓などを取り除いたスルメイカに空気を入れ徳利の形に成形し、乾燥させる。熱かんを入れるとイカの風味が溶け出す。徳利として楽しんだ…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文337文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです