メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界・温暖化と生きる

世界の浸水被害52兆円 1メートルの堤防で6~7割に抑制 茨城大など

海面上昇で深刻な被害が懸念されるベトナム・メコンデルタの海岸。既に海岸浸食が激しく、堤防再建を繰り返しているという=田村誠・茨城大准教授提供

 地球温暖化に伴う海面上昇で河口域や低地が浸水した場合の被害額は、今世紀末に世界全体で約4820億ドル(約52兆5000億円)になるとの試算を、茨城大などの研究チームがまとめた。被害軽減の適応策として高さ1メートルの堤防を整備すると、費用は最大2030億ドル(約22兆1000億円)かかるが、被害額は6~7割に抑えられる。気候変動の国際専門誌電子版に掲載された。

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書によると、効果的な温室効果ガス削減策を取らず…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文646文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです