メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卓球

全日本選手権 主役は私、伊藤3冠 女子初、2年連続

 卓球の全日本選手権は最終日の20日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で男女シングルスが行われ、女子決勝は伊藤美誠(スターツ)が14歳の木原美悠(みゆう)=エリートアカデミー=を4-1で降し、2連覇した。伊藤は女子ダブルス、混合ダブルスを合わせて3冠を達成した。2年連続の3冠は女子で初めてで、男子を含めれば、1982、83年の斎藤清(当時明大)以来2人目。木原はシングルスで男女通じて史上最年少となる14歳5カ月での決勝進出だった。

 男子決勝は水谷隼(木下グループ)が大島祐哉(同)を4-2で降し、2年ぶりの優勝を遂げた。水谷は自身…

この記事は有料記事です。

残り1298文字(全文1566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです