特集

公文書管理

毎日新聞デジタルの「公文書管理」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

「平成」経緯の記録、公開は2044年 内閣府、手続きなく延期 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「平成改元」に関する公文書の保存状況
「平成改元」に関する公文書の保存状況

 1989年1月に元号を「平成」に改めた経緯の記録を、政府から国立公文書館へ移管する時期が、公文書管理法で定める「1~30年」を大幅に上回り、約55年後の2044年3月末となっていることが毎日新聞の情報公開請求で明らかになった。同法は「作成、取得」から1~30年後の移管か、理由と期間を首相に報告して延長手続きを取ることを求める。だが文書を保存する内閣府総務課は「元号事務が13年に当課に移った際、移管資料を新たに取得した」とし、14年4月1日が起算日だと説明した。【野口武則】

 公文書館に移管された文書は原則公開される。移管前は開示請求などを受け、政府機関が個別に判断する。

この記事は有料記事です。

残り1014文字(全文1302文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集