メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古設計変更 政府・県対立激化へ 軟弱地盤含む区域はサンゴも多く生息

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設工事を巡り、政府が工事の設計を変更する見通しとなった。県はこれまで軟弱地盤を理由に工事の中止を呼びかけてきた経緯があり、変更を承認しない方針。政府と県の対立は激化し、工期が遅れるのは必至の情勢だ。野党は一斉に反発しており、4月21日投開票の衆院沖縄3区補選や夏の参院選にも影響を与えそうだ。

 菅義偉官房長官は21日の記者会見で軟弱地盤が確認されたことについて「一つ一つコメントすることは控え…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文910文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです