メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自治体で広がる「遠隔監視型」自動運転実験 企業やIT大手との差は

遠隔操作された2台の自動運転車を同時に走らせた実証実験=福井県永平寺町で2018年11月19日正午ごろ、小倉祥徳撮影

 全国の自治体で自動運転の実証実験が広がっている。国内外の自動車メーカーや米IT大手企業が、高速道路などで人が介在しない「完全自動運転」の実現を目指すのに対し、低速運転で人による「遠隔監視型」が多いのが特徴だ。主に過疎地での高齢者の買い物支援や公共交通機関の人手不足解消を目的とするが、新たな産業育成を狙う自治体もある。

 「人間らしく生きるために大きな役割を果たす技術だ」。1人が遠隔監視した2台の自動運転車が公道を走る…

この記事は有料記事です。

残り1202文字(全文1412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです