メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル、シリアのイラン施設を空爆 強硬姿勢打ち出す狙いか

ダマスカス国際空港付近に飛来するミサイル。国営シリア・アラブ通信が配信した=21日、AP

 【エルサレム高橋宗男】イスラエル軍は20日夜、シリアの首都ダマスカス国際空港などにある武器庫やイランの革命防衛隊に関連する施設などを空爆した。イスラエル軍が21日未明に発表した。イスラエルは最近、従来の方針を変更し、シリア国内のイラン施設への攻撃を公式に認めるようになっている。米軍がシリアからの撤収を開始したことに伴い、イランに対して強硬な姿勢で臨むことを鮮明に打ち出す狙いがあるとみられる。

 シリアのアサド政権と連携するロシアからの報道によると、シリア軍は約30発の誘導ミサイルなどを迎撃したが、シリア軍兵士4人が死亡した。一方、在英民間組織・シリア人権観測所は、2人のシリア人を含む計11人が死亡したとしている。

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです