メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲノム編集で双子 秘密裏の実施に改めて衝撃 中国

 中国で昨年、ゲノム編集技術を使って遺伝子改変を試みた受精卵から双子の女児が生まれていたと中国当局が認定した。意図した改変がなされたかは不明だが、同様の試みは安全性や生命倫理の観点から、中国を含む各国が妊娠に用いることを禁止している。人類史上初とみられる試みが、中国国内や国際社会の倫理的ルールを無視し、秘密裏に実施されたことは世界に改めて衝撃を与えそうだ。

 今回のゲノム編集の目的は誕生後のエイズウイルス(HIV)の感染予防とされるが、現在の不妊治療技術で誕生時の感染を防ぐことは可能だ。

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです