メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲノム編集で双子 秘密裏の実施に改めて衝撃 中国

 中国で昨年、ゲノム編集技術を使って遺伝子改変を試みた受精卵から双子の女児が生まれていたと中国当局が認定した。意図した改変がなされたかは不明だが、同様の試みは安全性や生命倫理の観点から、中国を含む各国が妊娠に用いることを禁止している。人類史上初とみられる試みが、中国国内や国際社会の倫理的ルールを無視し、秘密裏に実施されたことは世界に改めて衝撃を与えそうだ。

 今回のゲノム編集の目的は誕生後のエイズウイルス(HIV)の感染予防とされるが、現在の不妊治療技術で誕生時の感染を防ぐことは可能だ。

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです