メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

両陛下、徴用民間船員の犠牲に関心を寄せ続け

「戦没船員の碑」に到着された天皇、皇后両陛下=神奈川県横須賀市で2019年1月21日午後0時1分、小川昌宏撮影

 天皇、皇后両陛下は、皇太子ご夫妻時代から観音崎公園の戦没船員の碑を訪問されるなど、太平洋戦争で徴用された民間船員の犠牲に関心を寄せ続けてきた。同公園で毎年開かれる追悼式を主催する日本殉職船員顕彰会の元役員、秦一生さん(85)は「あまり知られていない民間人の犠牲や慰霊碑の存在に両陛下が光を当ててくださった」と振り返る。

 秦さんは両陛下が出席する第30回の追悼式を翌月に控えた2000年4月、皇居・御所に招かれた。両陛下…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 沢尻エリカ容疑者逮捕にNHK放送総局長「遺憾」「反社会的行為は容認できない」

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです