メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR常磐線の夜ノ森駅駅舎の解体工事開始 福島第1原発事故後の不通区間

解体作業が始まったJR夜ノ森駅の駅舎=福島県富岡町で2019年1月21日午後1時43分、喜屋武真之介撮影

 東京電力福島第1原発事故の影響が続く福島県富岡町で21日、1921年の開業から100年近く使われたJR常磐線夜ノ森駅の駅舎解体が始まった。事故後の不通区間にあり、周辺の避難指示も解除されていない。保存を求める声もあったが、復旧を控えた再整備事業もあり断念した。

 駅や周辺は約400本のソメイヨシノや約…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです