メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR常磐線の夜ノ森駅駅舎の解体工事開始 福島第1原発事故後の不通区間

解体作業が始まったJR夜ノ森駅の駅舎=福島県富岡町で2019年1月21日午後1時43分、喜屋武真之介撮影

 東京電力福島第1原発事故の影響が続く福島県富岡町で21日、1921年の開業から100年近く使われたJR常磐線夜ノ森駅の駅舎解体が始まった。事故後の不通区間にあり、周辺の避難指示も解除されていない。保存を求める声もあったが、復旧を控えた再整備事業もあり断念した。

 駅や周辺は約400本のソメイヨシノや約…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文368文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. 天皇陛下即位パレード 11月10日午後3時からに延期 予備日は設けず

  4. 台風19号で橋流出 JR鉄橋歩き命つなぐ 福島・矢祭町

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです