メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

老人施設でインフル集団感染 兵庫・淡路島で7人、京都で1人が死亡

 兵庫県は21日、同県淡路市の養護老人ホーム「北淡荘」の入所者と職員計74人がインフルエンザに集団感染し、うち71~99歳の入所者7人が発症後に死亡したと発表した。

 県によると、亡くなった3人の死因は肺炎などで、インフルエンザの発症が直接の死因となった可能性があるという。残る4人の死因は誤嚥(ごえん)性肺炎や脱水症状で、県は「インフルエンザが直接の死因ではない」としている。

 今月8日に職員が発症。11日に99歳の女性が死亡したため、施設側が県に報告した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  3. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  4. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです