メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤沢里菜四段が本戦初勝利 女流棋士で初 天元戦トーナメント 

天元戦本戦トーナメント1回戦で勝利し、対局を振り返る藤沢里菜四段(左)=東京都千代田区の日本棋院で2019年1月21日午後5時7分、最上聡撮影

 囲碁の藤沢里菜四段(20)は21日、東京都千代田区の日本棋院で打たれた第45期天元戦(新聞三社連合主催)の本戦トーナメント1回戦で高橋真澄三段(29)を破り、女流棋士で初となる7大タイトル戦本戦での勝利を挙げた。藤沢は「初めてで光栄。男性棋士でも誰が相手でも、勝ちたいと思える。一戦でも多く対局し、上を目指したい」と話した。藤沢は2回戦、彦坂直人九段(56)と坂井秀至八段(45)の勝者と対局する。

 囲碁の7大タイトル戦は、予選と、予選を勝ち上がった棋士らによる本戦、本戦を勝ち抜いた棋士とタイトル…

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです