メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

錦織フルセットの熱闘制し3年ぶり8強 全豪オープン

3年ぶりの8強入りを果たした錦織=AP

 【メルボルン新井隆一】テニスの4大大会全豪オープン第8日は21日、当地で行われ、シングルス4回戦で女子の大坂なおみ、男子の錦織圭(ともに日清食品)が勝ち、8強入りした。全豪のシングルスで日本勢が男女そろって8強入りするのは初めてで、4大大会では昨年の全米オープンの大坂、錦織に続いて3回目。

 昨年の全米オープンに続く4大大会2連勝が懸かる第4シードの大坂は第13シードのアナスタシヤ・セバストワ(ラトビア)に4―6、6―3、6―4で逆転勝ちし、初の準々決勝進出を果たした。同種目で日本勢の8強入りは、杉山愛の2000年大会8強以来19年ぶり。準々決勝は第6シードのエリナ・スビトリナ(ウクライナ)と対戦する。

 第8シードの錦織は第23シードのパブロ・カレノブスタ(スペイン)に6―7、4―6、7―6、6―4、7―6で逆転勝ちし、3年ぶりにベスト8へ進んだ。次戦は第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と顔を合わせる。

 シングルスの女子4回戦は元世界ランキング1位で第16シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)が第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)を破ってベスト8に進出。男子4回戦では第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が敗れた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  4. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 
  5. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです