メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学関連

難関資格合格者らが都内ホテルで祝賀会 立志舎の学生1300人

祝賀会で笑顔で記念撮影をする学生たち

 東京IT会計専門学校や東京法律専門学校などを運営する学校法人「立志舎」(本部・東京都墨田区)が18日、公認会計士、税理士などの難関国家試験や公務員試験合格者、上場企業内定者らを集めた合格祝賀会を東京都内のホテルで開いた。今年で39回目となる祝賀会には、系列校の1300人の学生に加え、企業の人事担当者や各地の高校の進路指導教諭など計1600人が集まり、新たな門出を祝った。

    壇上に上がり、トロフィーを授与された難関試験合格者
    公認会計士試験に合格し、各種試験合格者を代表してあいさつをした中国人留学生の熊芬さん

     小西信哉理事長や来賓のあいさつに続き、難関国家資格試験合格者の表彰式が行われ、トロフィーが贈られた。続いて、中国からの留学生で公認会計士試験に合格した熊芬(ゆう・ふん)さんが「熱意ある先生方のお陰で合格することができた。AI(人工知能)やIT(情報技術)の進歩で社会の変化が激しい時代となったが、専門学校で得た高度な知識を生かしていきたい」と、りゅうちょうな日本語であいさつした。

    祝賀会では、各校チアリーディング部による華麗な演舞も披露された

     祝賀パーティーでは、立志舎が運営する各専門学校のブラスバンド部の演奏やチアリーディング部、応援部による演舞が繰り広げられた。さらに、特別ゲストのお笑い芸人、さらば青春の光や高田紗千子さん(梅小鉢)のライブが行われ、祝賀会を盛り上げた。23日には大阪市内のホテルでも中部・関西地区の「合格祝賀会」が行われる。

     立志舎は、全国で実学系専門学校23校を展開する学校法人。クラスを6~8人のグループに分けて行うゼミ学習で知られ、公認会計士試験では高卒対象の専門課程で18年連続で現役合格者を出しており、今年は40人が合格。また、税理士試験では4年連続で、全国最年少の21歳の合格者を出した。さらに、各種資格や公務員試験などでも高い実績を誇り、民間企業就職率もほぼ100%と、4年制大学をしのぐ実績を上げている。【中根正義】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
    2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
    3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
    4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
    5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです