メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

絶好調のラッシュフォード、指揮官が称賛「キャリア最高のサッカー」

情報提供:サッカーキング

スールシャール監督はラッシュフォードを称賛した [写真]=Getty Images
 マンチェスター・Uを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督はイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードを称賛した。

 20日に行われたプレミアリーグ第23節でマンチェスター・Uはブライトンを2-1で下した。決勝点は4試合連続でゴールを決めているラッシュフォードがマークし、MOMも受賞した。

 スールシャール監督は試合後の記者会見で「ラッシュフォードは、現在リーグで1番のセンターフォワードだと思うか?」との質問を受けると、次のように語った。

「ストライカーはたくさんいるが、ラッシュフォードが私のチームで良かった」

「(イングランド代表FW)ハリー・ケインが負傷中だからこそ、現在のベストなんだろうけど。テレビでも話したが、彼の稼働率と試合に臨む姿勢には誰も敵わない。ゴール前で自信を持っていて、迷うことなくゴールを狙ってシュートをしている」

「そして、今日の(イングランド代表MFジェシー・)リンガードは惜しかったが、彼のためにチャンスを作ったりする。ラッシュフォードは現在、キャリア中最高のサッカーをしている」

【関連記事】
●「若手の起用を重視する監督」…ルーニーがマンUの次期指揮官を予想
●マンU指揮官、4戦連続ゴールの”10番”を絶賛「リーグ最高のストライカー」
●マンU、7連勝でCL出場圏内手前! “背番号10”ラッシュフォードが4戦連続弾
●マンUのスールシャール監督、今冬の選手獲得と負傷者の状態について言及
●マルシャル、一度は交渉破談と報道も…マンUと新契約締結に前進か

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです