メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
サッカーキング

タイが先制も一歩及ばず…リッピ監督率いる中国、逆転勝利でベスト8へ

情報提供:サッカーキング

チャナティップ率いるタイは惜しくもベスト8進出とはならなかった [写真]=Getty Images
 AFCアジアカップUAE2019決勝トーナメント1回戦が20日に行われ、北海道コンサドーレ札幌MFチャナティップが所属するA組2位のタイ代表はC組2位の中国代表と対戦し、1-2で敗れた。

 序盤、中国が主導権を握ったが、タイが粘り強い守備で耐えると31分、コーナーキックの流れからスパチャイがゴール左にシュートを突き刺し、貴重な先制点を奪った。

 1点ビハインドの中国代表を率いるマルチェロ・リッピ監督は後半開始時にフォーメーションを4バックから3バックに変更。するとこの采配がピシャリ。ワイドにサイドを使った展開を何度も見せると、67分には右サイドからのクロスボールにヘディングシュート。一度はタイのGKシワラック・テースーンヌーンが阻んだが、こぼれ球を肖智が押し込み、中国が試合を振り出しに戻した。

 同点とした中国はさらに71分、コンビネーションから3人目の動きで抜け出した郜林がファウルを誘い、PKを獲得。これを郜林自らが沈め、中国が逆転に成功した。

 その後タイは反撃に出たかったが、中国が3点目を奪う勢いをみせなかなか攻められず。試合はそのまま終了し、中国がタイ代表に2-1で逆転勝利。準々決勝へ駒を進めた。なお、中国は24日にイランとオマーンの勝者と準決勝進出をかけて対戦する。

【スコア】
タイ 1-2 中国

【得点者】
1-0 31分 スパチャイ(タイ)
1-1 67分 肖智(中国)
1-2 71分 郜林(中国)

【関連記事】
●ベトナムがPK戦でヨルダン下し準々決勝へ…日本、サウジアラビアに勝てば対戦
●大会中の復帰を目指すGK東口、現状は「80、90%くらい」
●ここまで不発の南野拓実、負けたら終わりの決勝Tでは「1点の重みが…」
●森保監督と酒井宏樹が会見で明かしたサウジ戦で考えるべきこと
●負傷明けフル出場の長谷部誠、35歳の誕生日迎え「もっと驚かせたい」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです