メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

情報提供:カートップ

復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

いまは消滅してしまったカテゴリーのクルマも存在

 トヨタから新型スープラが登場した。17年ぶりに復活したスープラは、伝統を感じさせる部分を色濃く残しながら、より純度の高いスポーツカーとなっている。そしてスープラのようにメジャーな名前であれば、長いブランクがあったとしても復活することで話題を集められることを証明した。では、同じように復活を望まれているクルマはあるだろうか。独断と偏見に基づいて、5つの車種をピックアップしてみた。

1)トヨタ・アリスト

旧車

 トヨタのスポーティサルーンとして1990年代に一世を風靡したのが「アリスト」。事実上の後継車としてレクサスGSが現行モデルとして存在しているので、復活を望む必要はないかもしれないが、トヨタ・マークXとレクサスGSが現行限りで絶版になるという噂を聞けば、トヨタの販売網で扱う「アリスト」を復活させることで、その両方のニーズを満たすことができそうだ。

 ただし、かつてのアリストのポジションでは価格的にクラウンの上になってしまうが、マークXの領域までカバーすることを考えると、クラウンよりお手頃な価格イメージで展開する必要があるかもしれない。

2)ホンダZ

旧車

 ホンダの「Z」といえば軽自動車が360ccだった時代の“水中メガネ”の愛称で呼ばれたモデルを思い浮かべるかもしれないが、ここで復活を提案したいのは1998年にデビューした2代目の「Z」だ。ミッドシップレイアウトに大径タイヤを組み合わせた、非常にユニークなモデルは、スポーツカーとSUVのクロスオーバー的なキャラクターを持っていた。

 SUVムーブメントが盛り上がっていて、軽自動車でもスズキ・ジムニーが人気を集めているからこそ、ホンダZのコンセプトは再評価されるべきだろう。いま日本でもっとも売れているクルマ「N-BOX」のメカニズムやノウハウを利用したクロスオーバーSUVが登場すれば大ヒットすること間違いなし。「Z」を回転させると「N」になるのも何かの縁を感じさせる。

3)ダイハツ・ミラターボTR-XX

旧車

 軽自動車ではスズキのアルトワークスが一定の支持を集めている。価格の面でも、ドライビングスキルの点でも手軽な軽スポーツは、クルマ好きを育てるカテゴリーだ。そんなアルトワークスと1980~1990年代においてライバル関係にあったのが、ダイハツのミラターボ。TR-XXやアバンツァートといったサブネームが生み出したアグレッシブなイメージが記憶に残るというオールドファンも少なくないだろう。

 ハイトワゴンやスライドドア車が人気となって、一度は軽ホットハッチが消滅してしまったが、当時よりも軽自動車に乗ることをポジティブにとらえるようなった今だからこそ、ミラターボが食い込む余地は市場にあるはずだ。

 コペンが搭載している3気筒ターボ+5速MT+スーパーLSDというパワートレインをミライースに載せ、少々のエアロパーツをまとえば、すぐにでもミラターボは復活できると期待してしまう。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  3. 「衆院選をやるなら7月以外にない」 麻生氏、首相に衆参同日選を進言 ちらつく「4選」戦略
  4. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです