メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

アジア杯 日本8強 技ありセットプレー サウジの守備隙間突く

 【シャルジャ(アラブ首長国連邦)丹下友紀子】サッカーのアジアカップに出場している日本代表は21日、当地であった決勝トーナメント1回戦で、サウジアラビアを1-0で降した。2大会ぶり5度目の優勝を目指す日本は24日の準々決勝でベトナムと対戦する。

 勝敗を分けたのはセットプレーだった。柴崎(ヘタフェ)の左コーナーキック(CK)に冨安(シントトロイデン)が遠いサイドでヘディングで決めた前半20分の先制点。主将の吉田(サウサンプトン)が「分析スタッフのアドバイス通り」と語ったように、準備のたまものだった。

 フリーでボールに合わせた冨安の決勝点には緻密な分析と忠実に遂行する力があった。柴崎がファー(遠い)…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. アクセス 氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです