メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

国会は「死んだ」のか 議論省略の安倍「全能」政権

国会の劣化が進む。街頭上映は国会パブリックビューイング提供

 民主党政権は「決められない政治」と批判を浴びた。その後の政権交代から6年。1強状態が続く安倍政権は「決めすぎる政治」になり、議論を放棄するかのような手法で強引に法律を成立させている。「言論の府」である国会をこのまま「死なせて」いいのか。【田村彰子】

 大みそかの東京・新宿駅西口。夕暮れの雑踏に設置されたモニターが、国会審議を映し出していた。寒かったにもかかわらず、足を止めて見入る人々がいた。イベント名は「国会パブリックビューイング」。手掛けたのは、昨年のユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選ばれた「ご飯論法」の生みの親でもある法政大教授の上西充子(うえにしみつこ)さんである。

 街中上映は、上西さんが昨年6月にツイッターに投稿したことがきっかけだ。<街頭上映会とか、できないで…

この記事は有料記事です。

残り2623文字(全文2965文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです