メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 鹿島茂さん 理想を求めた事業家

鹿島茂さん=手塚耕一郎撮影

 ■日本が生んだ偉大なる経営イノベーター 小林一三 鹿島茂(かしま・しげる)さん 中央公論新社・2160円

 小林一三(いちぞう)(1873~1957年)は、主なものだけでも阪急電鉄、宝塚歌劇団、阪急百貨店、東宝、第一ホテル、プロ球団の阪急ブレーブスなどを創設した革新的な経営者だ。40~41年には商工相も務めた。その生涯を描いた500ページを超える評伝である。

 著者はバルザックをはじめ19世紀のフランス文学が専門だが、渋沢栄一ら近代日本の経済人を扱った著作も…

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです