メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・なにコレ!?

東京工科大 eスポーツサークル ゲーム好きがつながり、腕磨く

技競技、パソコンに向かいながらゲームの戦略を話し合うA2Zのメンバー(手前)=東京都千代田区の「eSports Studio AKIBA」で

 昨年の「2018ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10入りを果たした「eスポーツ」。アジア版五輪とも呼ばれる2022年のアジア競技大会から正式競技に認定されるなど、昨今急速に注目されている。そんなeスポーツの「リーグ・オブ・レジェンド」というゲームで国際学生大会に日本代表で出場した実力派チーム、東京工科大(東京都八王子市)eスポーツサークル「A2Z(エー・ツー・ゼット)」を取材した。【学習院女子大・田中美有、写真は津田塾大・畠山恵利佳】

 eスポーツは、エレクトロニックスポーツの略。コンピューターゲームを複数のプレーヤーがオンラインで対…

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1426文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです