メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

刊行

母との春夏秋冬つづる 名古屋のアーティスト、花の随筆と木版画本

 愛知県の清須市はるひ美術館館長でアーティストの高北幸矢さん(68)=名古屋市東区=が、花に託したエッセーとカラー木版画を収めた「花のエッセイと木版画 きおくにさくはな」(風媒社)を刊行した。身近な草花や木の実など116種類の植物に、花が大好きだった亡き母にまつわる思い出や青春時代の記憶を織り込んだ。

 高北さんは三重県名張市出身。デザイナーの傍ら、名古屋造形大の教授や学長を長年務めた。現在は愛知芸術…

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです