メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成のむすびに

東北から/9 東北の元気、日本中に 被災の現実受け入れ、前へ お笑いタレント・マギー審司さん

 東日本大震災の発生後、出身地の宮城県気仙沼市など被災地の支援活動に取り組んできたお笑いタレント、マギー審司さん(45)にとって、「平成」とはどんな時代だったのか。これまでの歩みや地元への思いを交え、振り返ってもらった。

 --1995(平成7)年、マイクロソフトのOS「ウィンドウズ95」発売を機に、インターネットの一般利用が広がり、携帯電話やスマートフォンの普及も相まってメディア受容のあり方が大きく変わった。

 科学技術がものすごく進歩した時代だったという印象です。若者の関心もテレビからネットに移りました。昔…

この記事は有料記事です。

残り1420文字(全文1676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです