東京高検

司法取引「慎重かつ大胆に」 黒川検事長就任会見 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京高検検事長に就任した黒川弘務氏(61)が21日記者会見し、日産自動車のカルロス・ゴーン前会長(64)の事件でも活用された「司法取引」(政府略称・合意制度)について「特捜部には慎重かつ大胆に使ってもらえるのではないか」と、制度活用への期待を語った。

 同制度は昨年6月に導入され、ゴーン氏の事件での適用が2例目。黒川氏は「供述の裏付けがないも…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集