メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京浜急行電鉄

開業120周年祝う 川崎駅大師線ホームで式典 0キロポスト設置「新たな出発点に」 /神奈川

 京浜急行電鉄が21日、開業120周年を迎え、京急川崎駅大師線ホームで記念式典があった。創業者の立川勇次郎氏のひ孫や、同じく立川氏によってつくられた養老線を運営する養老鉄道(岐阜県大垣市)の関係者も出席。節目の日を祝い、記念モニュメント「0キロポスト」を設置した。

 京急は1899(明治32)年1月21日、前身の大師電気鉄道が、旧東海道川崎宿に近い六郷橋駅から大師(現在の川崎大師)駅間で、国内3番目、関東では初めて、営業用電車の運行を開始した。営業距離は2キロだった。この120年間に、都心から川崎、横浜を経て三浦半島へと路線を延ばし、羽田空港へも乗り入れた。現在、総延長は87キロに上る。

 この日の式典には、同社の原田一之社長をはじめ、立川勇次郎氏のひ孫に当たる立川元彦さん、養老鉄道の原…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜ミク、弘前公園「公式キャラ」に登場 大型パネル前で記念撮影も
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 1.3メートル「都内一低い」ガード下 頭上すれすれ電車が通る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです