メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チャリティーコンサート

伝統楽器の音色響かせ 原発事故の被災者支援 来月11日、鎌倉の市民団体 建長寺で /神奈川

 東京電力福島第1原発事故の被災者支援をしている鎌倉市の市民団体「未来・連福プロジェクト」(斉藤美代子代表)は2月11日、同市の臨済宗大本山・建長寺でチャリティーコンサートを開く。今回は「故郷」をキーワードに、中国・内モンゴル出身のウルグンさんと、6歳の時に旧ソ連・チェルノブイリ原発事故で被ばくしたウクライナの歌姫、ナターシャ・グジーさんが伝統楽器の音色を響かせる。

 ウルグンさんは、民族楽器・モリンホール(馬頭琴)の名手。内モンゴル大学芸術学院の教師を経て、200…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文533文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです