メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
漆黒を照らす

/73 拉致問題の行方 怒りだけで動かぬ現実 /大阪

有本恵子さん

 1月12日、神戸市出身の拉致被害者・有本恵子さんが59歳になった。年齢も近く、同じ関西の出身者として、毎年1月に報じられる有本さんの誕生日のニュースには、やるせない思いになる。曽我ひとみさんの家族の渡日が実現した2004年7月以降、どの政権も拉致問題をまったく前進させられていないのに、恵子さんと両親の年齢だけが重なっていくからだ。日本の政治と外交がうまくやっていれば、事態は前進させられたのではないか? 報道はもっと貢献できたのではないか? いや、むしろ報道が行き詰まりの原因の一つになっていたのではないか? そんな逡巡(しゅんじゅん)がずっと消えない。

 02年9月に金正日(キムジョンイル)氏が日本人拉致を認め、「8人死亡4人未入国」と公表した後、日本…

この記事は有料記事です。

残り977文字(全文1306文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです