メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/73 拉致問題の行方 怒りだけで動かぬ現実 /大阪

有本恵子さん

 1月12日、神戸市出身の拉致被害者・有本恵子さんが59歳になった。年齢も近く、同じ関西の出身者として、毎年1月に報じられる有本さんの誕生日のニュースには、やるせない思いになる。曽我ひとみさんの家族の渡日が実現した2004年7月以降、どの政権も拉致問題をまったく前進させられていないのに、恵子さんと両親の年齢だけが重なっていくからだ。日本の政治と外交がうまくやっていれば、事態は前進させられたのではないか? 報道はもっと貢献できたのではないか? いや、むしろ報道が行き詰まりの原因の一つになっていたのではないか? そんな逡巡(しゅんじゅん)がずっと消えない。

 02年9月に金正日(キムジョンイル)氏が日本人拉致を認め、「8人死亡4人未入国」と公表した後、日本…

この記事は有料記事です。

残り977文字(全文1306文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです