メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

J2 初の和歌山キャンプ「弾みに」 横浜FC歓迎セレモニー 上富田 /和歌山

歓迎の花束と梅干しを受け取った横浜FCのタバレス監督(前列中央左)と梅干しを受け取った北爪健吾選手(同右)=和歌山県上富田町で、藤田宰司撮影

 サッカーJ2の横浜FCが21日、上富田町朝来の上富田スポーツセンターで1次キャンプを開始した。27日まで滞在し、午前と午後のトレーニングを無料で一般公開する。

 訪れたのは、タバレス監督や元日本代表の松井大輔選手をはじめとする選手、スタッフ計約50人。三浦知良選手は参加していない。

 上富田町の梅本昭二三教育長や県サッカー…

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文310文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです