メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019北九州市長選

道路施設、老朽化に直面 若戸無料化、維持管理費に課題も /福岡

 北九州市は、高度成長期以降に建設された橋など道路施設の老朽化に直面している。昨年末には通行料で維持管理してきた若戸大橋(2.1キロ)とトンネル(同)が9年前倒しで無料化され、新たな維持管理費が年5億円程度(単年度換算)必要となる。市はこれまで以上に修繕費用のやりくりに頭を悩ませそうだ。

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです